映像企画制作・資料映像ライブラリー


HOME 企業情報 映像制作 映像貸出 映像商品 原爆映像 お問合わせ 





【DVD】 The A-bomb ヒロシマで何が起こったか What Happend to Hiroshima ?

2012年3月14日発売 3,800円(税抜)


個人でご購入の方のご注文受付:株式会社クエスト
 電話でのご注文 03-6380-3031
(受付時間:月−金 10時−18時)
 インターネットでのご注文 http://www.queststation.com/


図書館、学校、視聴覚ライブラリーなど団体向けもご用意ございます。

○個人貸出・館内上映権付き 10,000円(税抜)

○個人貸出・館内上映・団体貸出・館外上映権付き 20,000円(税抜)

(株)日映映像までお問い合わせください。

電話 052-684-4901(受付:月−金 10時−18時)


 商品概要
商品名 【DVD】The A-bomb ヒロシマで何が起こったか
価 格  3,800円(税別)
制作年  2006年
仕 様  DVD片面1層/MPEG-2/NTSC/16:9/ステレオ
言 語  日本語ナレーション/英語ナレーション 選択可
収録時間  本編 46分
発売日  2012年3月14日
発売元  株式会社日映映像
販売元  株式会社クエスト
品 番  KEHC-004
備 考  図書館・学校・団体向けの商品あり

 「The A-Bomb ヒロシマで何が起こったか」は、ヒロシマのローカル放送局である中国放送と、原爆投下直後
 の1945年秋に広島を撮影した未編集フィルムを所有する日映映像とが、共同でハイビジョン化した原爆フィルム
 を元に制作された教育用映画です。
 この映画は2006年に中国放送で放送した番組を基に、新たに判明した情報なども盛り込んで再構成したもので、
 世界に原爆を伝える普遍的な教育映画として日本語版・英語版が完成しました。
 この映画の特徴は、広島の原爆を『熱線』被害、『爆風』被害、混乱を極めた『救護活動』、長期にわたる
 『放射線』被害の4項目に分け、当事者の証言インタビューを織り交ぜながら、原爆を知らない若い世代にも
 分かりやすい内容で伝えていることです。
 特に重点を置いたのは、従来の兵器と決定的に違う放射線の脅威です。
 原爆投下直後から現れた急性放射線障害や、数年経ってから出てくるガンなどの症状、そして「最も若い被爆者」
 といわれる原爆小頭症患者の現状まで盛り込み、今も続く放射線被害の実態を伝えます。



 ″The A- bomb What Happened to Hiroshima? ″ (46 min. Produced and copyrighted by RCC Broadcasting
 Co., Ltd. in cooperation with Nichiei Eizo Ltd.) is a documentary about the atomic bomb.
 Hiroshima’s RCC Broadcasting Co., Ltd. and Nichiei Eizo Ltd., which held unedited film footage of
 Hiroshima shot in the autumn of 1945, right after the bombing, worked together to edit these films at
 high resolution, resulting in an RCC-produced TV program in 2006.

 In April 2009 RCC re-edited this program, with additional information brought to light after the first
 version, creating an important educational document in both Japanese and English to further
 understanding of th atomic bomb throughout the world.

 One characteristic of the documentary is its focus on four principal aspects of the bombing: heat ray
 damage, blast damage, chaotic rescue efforts, and long term radiation damage, with personal
 testimonies from survivors.
 The goal is to make the content readily accessible even to younger people who know little about the
 bombing.

 The documentary focuses closely on the atomic bomb’s radiation effects, a critical difference from
 conventional weapons. Viewers come face to face with the reality of radiation damage continuing into
 the present day, including radiation injuries immediately after the bombing, cancers appearing several
 years afterward, and cases of microcephaly among children born to women pregnant at the time of
 the bombing.














Copyright (C) Nichiei Eizo Ltd. All Rights Reserved.